安全性重視の老け顔対策|ウルセラでコンプレックスがみるみる剥がれる

ウルセラでコンプレックスがみるみる剥がれる

安全性重視の老け顔対策

婦人

FDA認可の安心製剤

ボトックスを使ったしわ治療を受けるなら、FDAに認可されている安全なボトックス製剤を選ぶと安心です。ボトックス製剤の中には1回1万円前後で受けられる非常に安いものもありますが、FDAに認可されていないので安全性が認められていません。体内に直接打つものなので、リスクの高いボトックス製剤はいくら安くても選ぶべきではありません。現在日本の医療機関でもしわ治療に使われているボトックス製剤で、FDAに認可されているのは3種類が有名です。アメリカのアラガン社のボトックスビスタ、イギリスのイプセン社が開発したディポート、そしてドイツのMERZ社のゼオミンなら、品質に間違いありません。これらの製剤は注入時の痛みも少ないので、麻酔クリームも必要ありません。注射が苦手な方のしわ治療にも向いています。

大体の流れを把握

ボトックスしわ治療を受ける前に、大体の流れを把握しておくと不安要素がなくなります。まず、カウンセリングを受けて、医師にしわの深さや長さをチェックして貰い、注入部位、注入量を決定します。理想の仕上がりについて、しっかりリクエストを伝えましょう。事前の話し合いが終わったら、注射を打ちますがFDA認可のボトックス製剤なら痛みがほとんどないので麻酔の必要はありません。もちろん特別に痛みに弱い方は無理をせず、麻酔クリームを処方して貰って下さい。施術後、赤みや内出血が出る可能性はゼロではありませんが、ごく稀です。ほとんどの場合、すぐに帰宅できますし、メイクも当日中にできます。もし赤くなった時も2日から3日で消えるので、翌週に大事なイベントが控えている時でも大丈夫です。

Copyright© 2016 ウルセラでコンプレックスがみるみる剥がれる All Rights Reserved.