製剤の安全性|ウルセラでコンプレックスがみるみる剥がれる

ウルセラでコンプレックスがみるみる剥がれる

製剤の安全性

ドクター

安心できる製剤の条件

アンチエイジング治療のためにヒアルロン酸を注入するなら、ヒアルロン酸製剤の特徴も把握しておきましょう。安全性が高いのは、EU内での取引で必須条件とされるCEマークがつけられているものとアメリカのFDAから認可されているものです。ヒアルロン酸製剤のメーカーは欧米に集中していますが、安全性にも配慮してヒアルロン酸治療を受ける時の目安になります。例えば現在、両方から承認されているのはジュビダームやレスチレン、プリベールです。どのメーカーの製剤が適しているのかは、治療する目的と部位にもよるので一概には決定できません。ただ、2つの公的機関から認められた製剤なら安全性と効き目の高さが保証されているので、安心です。

麻酔の手間を省くために

痛みに弱い方はヒアルロン酸治療を受ける時、使用する製剤の特徴をしっかりチェックしましょう。ジュビダームやプリベールは麻酔入りのヒアルロン酸製剤の開発に成功しています。特に顔にヒアルロン酸を打つ時は痛みが気になることがあるので、最初から麻酔成分がブレンドされている製剤だと麻酔の手間がかかりません。しかも麻酔代のオプション料金がかからないので、経済的にも節約効果があります。どちらの製剤もヨーロッパとアメリカで認められている安全性の高いものなので、アレルギー体質の方にもおすすめです。ヒアルロン酸治療に使われる注入剤は、製造される国もメーカーもばらばらで、種類も無数にあります。選び方には特に気を使いましょう。

Copyright© 2016 ウルセラでコンプレックスがみるみる剥がれる All Rights Reserved.